猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

文化

旅の終わり近くに

モンパルナスの階段は半端なかった(笑) 半端ないといえば、パリは公園に半端ない数のベンチがあって、この季節はたくさんの人がベンチや芝生でお昼寝している ローマと比べて街での緊張がなくて旅行者天国っぽい! ランチ(手弁当)はモンソー公園でした(…

2018年 こんな本を読みました

「2018年 こんな本を読みました」という調子で一応借りた図書をリストアップしているのだが 5月 は3冊しか挙げられない 「芸術家100人の墓 ヨーロッパ墓地巡礼」 向田 直幹/著 冬青社 1995 「美術から見る中世のヨーロッパ ラルースビジュアル版 」ジャニッ…

選択を強いられる世界

例の「ダイスキン」だが、 いろいろサイズがあって、 A5スリムもあったので、使用開始! A6は黒の方を娘にあげた 赤の方は、今のところ飾っているさて・・・ この、ドラマのタイトル画だが 獅子 大狼 鹿 龍 で ユイスマンの「大伽藍」(シャルトル大聖堂のこ…

「正義」の女神

やっぱり荒俣宏さんやイメージの象徴は面白い バーバラ・ウォーカー女史にアマゾンオリジナルのテレビドラマの「トランスペアレント」のレズの 大学教授が重なってしまうのは・・・ フェミニズムすきじゃないけど 悲しい! 正義の女神

「インドの華」

昨日は昼過ぎに銀行に用足しに行って かなりの雨になったのだが、東京では記録的な大雪で 成田に降りられず関空に来る飛行機が多かったとか・・ 今度の旅行 フランスメインだが最近英国の緑の本ばかり読んでいるので、 やっぱり、パリからロンドンに回りたく…

古典舞踊

京都へ、中国古典舞踊を見に行ってきました 「真・善・○」にはちょっと、違和感を感じましたが^^; 素晴らしい技付き集団舞踊 フラメンコ衣装も独特だけれど、この中国舞踊の袖、特に、手を隠して垂れている長袖、面白い・・美しい 中国古典というと、京劇と…

ズボンの勝利

古代ギリシア・ローマ人の生活・・ということで、西洋服飾史を見ていた http://flora.karakusamon.com/IMG2/index4.html ヨーロッパ服装の原型は後進のゲルマン民族の服装にあり、古代文明を開花させたギリシアやローマにはないのである。by徳井淑子さん ・…

今年聞いて楽しかったもの

今年聞いて楽しかったものは、アマゾン・プライムのミュージックで [読書しながら聴くジャズ] 昔よく行ったジャズ喫茶を思い出しました 今もあるのかしらん http://home.s06.itscom.net/hard-bop/file/kissa/29nakanoshinbashi.html 「音楽館」はもうない…

柘植の櫛

柘植の櫛というと祖母の半月型のを思い出す 櫛笥(くしげ)も本つげ 「黄楊櫛」セットくし(大) 椿油仕立【つげ櫛】出版社/メーカー: うのはらメディア: その他この商品を含むブログ (1件) を見るつげ櫛ストラップ 厄除け紐 丸型 R42-21-B出版社/メーカー: リ…

さらに皿

18日に続いて、買いたい洋食器の件ですが、 http://www.euroclassics-ginza.com/index.htmlまず、ほしいのが中皿ですね ・・丸い中皿(19cm位)・・ DELLさんちの、リチャード・ジノリ(Richard Ginoir) のフィオーリ ヴェルディ すてきですが、 アマゾン…

蓮・・

久しぶりに図書館へ・・夏休みの図書館ではいろいろなイベントが行われているというが、 お盆なので(!?)すいていた・・ 文様の本を予約していたので受けとっただけで退散し それより、夏服バーゲンを見て♪(買って)きました(笑)本の方、『世界の文様…

ホオズキとキク

日曜日で講習に行き、農協などで ホオズキ(鬼灯)と、キキョウ、キク、オーナメントペッパー(唐辛子)を購入 あとリンドウ(竜胆)でしょうか 菊はともかく、恐ろしげな名前ではあります・・ だんだん準備してきて、 あとは、供物と思いましたが、 精霊棚…

竹の文化

一作日届いていた竹ラグを敷き込み 提灯をまたスペース確認のため持ってきました・・左右対称で置く予定 仏前座布団は い草にするか麻にするか・・と迷ったが、結局 紗にしました 今の座布団ははにぃさんが座り込みを行っています、 ついでに爪っかき〜〜(`…

初盆の準備(その3!)

マコモセットというのが届きました仏縁堂ブランド:お盆飾りセット【新・高級まこもセット】お盆 盆棚 仏具出版社/メーカー: 仏縁堂メディア: この商品を含むブログを見るあれでなく、こっちのほうがよかったのかな?(送料お高い) 蓮の葉はニセモノじゃな…

精霊棚

空間把握のため提灯を探して組み立ててみました 左右に4つですかね? 白提灯を注文 それから、やっぱり60センチ2段では 足りなそう 90センチの板を2枚出してきて追加してみた 滝田商店ブランド 【盆提灯・盆ちょうちん】お盆提灯 新盆用白提灯 LEDローソク電…

初盆の準備

今日は午前中、3年に一回のガス器具の法定検査ということで ガス会社の方が来られるのを、朝からお待ち申し上げていて・・ 手持無沙汰なので、初盆のしつらえの空間準備をやりはじめました・・ 幅60センチの2段飾りということになるのかな? 盆棚(精霊棚)・…

念ずれば?

今日の土曜日、子ども会の資源回収で ベランダのダンボール出し そして、My Roomのかたづけでした このロードーで稼いだ歩数は 7000ちょっとで、まァ目標クリア? 出してきたこれ 「克念則作聖」というのだが「克」は錐もみの形、と白川。 「克己」「克服」以外…

世界遺産(1995)

講談社のユネスコ世界遺産(1995まで)の古書を3冊購入写真が素晴らしい 3冊で約1100円、かわいそうな値段であるが、 わけても重要なサイト(遺跡)がわかるインド亜大陸 (ユネスコ世界遺産)作者: ユネスコ世界遺産センター出版社/メーカー: 講談社発売…

「世界遺産で見る仏教入門」

この本良かった・・・ 目次見るだけでも、すっきりしてくる・・ 西洋古代・中世美術がテーマだったはずなのに ギリシアからこっち(東方)へ来てしまっているみたいなわけだけれど かなりすっきりしたので、西に戻れる?・・・ http://www.karakusamon.com/2…

お宝(コク宝でなくてボク宝)

次のお寺をどうしようかと思いつつ 「見仏記ガイド」をみていると、 お宝フィギュア(コク宝でなくてボク宝)前での対談が載っていたのだが、 それを拡大してもっとよく見ようと、ちょっと写真に撮ってみた・・ スーパースター阿修羅(買ったとき8万円もし…

薬師寺

山田法胤さんの『薬師寺』という本を読んでいて、笑ってしまった ・・・『薬師寺』高田好胤共著、学生社、1980 いやぁ(ごめんなさい!!??) こんなすばらしい本で笑うとは、いかん遺憾でもね、 薬師如来の前で、南無阿弥陀仏と祈る人を見て、苦い思いを…

初詣

何とか一月中に初詣に・・・ (この近くのホテルには何回か泊って、明日香を歩いたが、実は、この神社に入ったのは初めて 古代文化には興味あっても寺社仏閣自体に興味があったわけでないので) 参道の灯篭の多さに驚いたけれど この灯篭、すべてに 鬼神寄進…

「プリニウス」

本日はヤマザキマリさんの「プリニウス」を読んだのであるが 描かれた辺境の怪物たちが何か 8等身ぽいので、 そこで、ん??(笑)半魚人はともかく 第2巻の9ページのプリニウスの書斎をいくイメージの絵にある アンティポデス(対蹠人)など この怪物たちは…

供養とは「思い出してあげること」だそう辞書的には 三宝(仏・法・僧)にむかいて、財と行(ギョウ)とを進むるを、供(ク)といい、攝養するところあるを、養という。(大言海) 三宝(仏・法・僧)または死者の霊に供物を捧げること。(広辞苑) 仏前や死…

今日もクラクラ気分ですが、それでもまとめ直しをやりました 人生は30000日だそうです!?http://trapnest.net/956/post-956/ ※「実際にすることが大事、準備万端なんてないんだ」 http://www.karakusamon.com/apple.html http://www.karakusamon.com/orange…

皇帝ひまわりもあり

ひまわりというと、いろいろな文物・風景が浮かぶけれど、・・最近では、田中優子さんの『江戸百夢━近世図像学の楽しみ』にあった、 鈴木基一の『向日葵図』【畠山記念館蔵】が魅力的でした。 いろいろまとめてみた(買ったはずの本が見あたらないが(~_~;) ht…

美術史

『世界文化遺産から読み解く世界史 田中 英道 (著), 育鵬社 (2013/9/25))刊 扶桑社発売 軽く一読して面白いと思ったのは もともと持っていた神道的な宗教観の上に仏教を取り入れた日本に対して、 仏教が生まれたインドの風土に合わなかった=インドの共同宗…

読書三昧

21世紀に入ってから非常に進歩している古人類学のスリリングな本 目次読書→http://bookshelf.karakusamon.com/2015/kojinrui.html!!:ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究のHP http://www.koutaigeki.org/index.ht…

連休終わり

皆さま帰京し 家族が3人に戻り、日常に戻る連休明け・・・ 鬱にならないために(!?)体をうごかす〜〜 パソコンの位置を90度移動などなどです・・白いキーボードも買いました そうはそうと、 ルゴフが岩波新書に入っているんですね〜〜中世の知識人―アベラ…

魔女

魔女と薬草展だと思いこんでいましたら そうでなくて・・ 「魔女の秘密」展で お化け屋敷のようなムードがアリ(~_~;) 魔女狩り、拷問・・ なんということだ・・ 中世においてもドイツでの人数が突出しているようだマルティン・ルターというと、宗教改革・・ …

このBLOGについて

「断腸亭日乗」もどき、あるいは、我が「親愛なるキティーへ」もどきの
断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成して(更新終了の今までのメインブログは、 はてなDiary)2013年からつけたし(←はてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越しました。