「・・なんかおもしろいからやだ」

昨夜からベッドで

朝井リョウ「風と共にゆとりぬ」を読んでいた

(文芸春秋 2017年6月刊)

声に出して笑う本

ご本人のセリフを登用すると「・・なんかおもしろいからやだ」(笑)

夏裁判=「夏、何していた?」という質問に勝つ、だそう

バスタ・ガ・マダはバスコダガマの2世?

キメの文化・・キメ台詞で終わる 場面転換(現実世界でないもの)「物語を作る人間の能力はどこを書かないかの選択にかかる」←これはまじめモードだった

 

むかし さくらいももこのエッセイをよんで、そんなエッセイを書きたいと思ったといった話があった・・なので

さくらいももこのエッセイを図書で予約した(読んだかもしれないが ベストセラー過ぎて かわなかったとおもう!?)

齋藤孝さんの「 声に出して読みたい日本語」って(草思社) 2001.09刊 だが

小学生用の「齋藤孝のイッキによめる!名作選」にはどの学年にもさくらいももこがいた・・

 

齋藤孝のイッキによめる! 名作選小学5年生 新装版

齋藤孝のイッキによめる! 名作選小学5年生 新装版

 

 

このBLOGについて

「断腸亭日乗」ではないが、断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成(更新終了の今までのメインはてなDiary) 、2013年からつけたし(←そちらが現在のメインのはてなBlog「興味津々」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越し、という感じの、我が「親愛なるキティーへ」もどきの日常ブログです。