「レファレンス・ブック」

使えるレファ本150選』(日垣隆 ちくま新書2006)の説明では

「レファレンス・ブック=参考図書 館外持ち出し禁止マークがついていることが普通の図書」ということで、見ていた

「日本国語大辞典」を紹介して(縮小版で十分だというが)

「字を書くにはネットと日本語ワープロソフトで十分という人がいますが、地獄に落ちてくだされば幸いです」(p120)・・というのには笑った!

いろいろあったが、とりあえず。

現代用語の基礎知識」(2018年版 自由国民社 2017/11/9)は、
池上彰/佐藤優/竹内洋岳/飯田泰之/平田直/島薗進/五野井というので、購入した。

現代用語の基礎知識2018年版 大字版

 
この本『使えるレファ本150選』は2006年刊で、少々古いが、事典フェチとしては、事典を名告るものは気になる・・

150以上で、いっぱいありました・・http://bookshelf.karakusamon.com/

そういえば『感情と思考の科学事典』(2010刊)というのを買おうかと思ったまま
まだ買ってないが・・

「角川新字源」の表紙も

角川新字源 改訂新版 特装版

こんなだったので ちょっと笑った

このBLOGについて

「断腸亭日乗」ではないが、断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成(更新終了の今までのメインはてなDiary) 、2013年からつけたし(←そちらが現在のメインのはてなBlog「興味津々」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越し、という感じの、我が「親愛なるキティーへ」もどきの日常ブログです。