猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

まだ桜の咲かない雨の日@関西

今日は雨
東京では雨でも桜の咲く(5分咲き)プレミアムフライデーとか
関西では桜はまだまだ・・
上橋菜穂子さんの処女作を読み終え
次いで「鹿の王」を読もうかと思ったが、読み急ぐのはやめて
DVDを見た
「或る終焉」というやつ
内容について思い込みというか先入見というか、いや、予告編・説明・プレビューといったものがなく
見始めたので、
最後に、この男の謎が解けてきてこのまま終わりそうだと思った時、意外なことになって終わったのにはほんとに驚いた
生死不定ということを言いたいのか?

上原さんの本については、楽しめるSFであった。
男の子と女の子と(15歳)の関係が、すでにして上原さんらしいのかも
タイトルは「精霊の木」であった・・・

このBLOGについて

「断腸亭日乗」ではないが、断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成(更新終了の今までのメインはてなDiary) 、2013年からつけたし(←そちらが現在のメインのはてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越し、という感じの、我が「親愛なるキティーへ」もどきの日常ブログです。