猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

ローマの本屋

ため息がでるほど美しい世界の図書館20選、というサイトを見ました
http://sworldnews.com/world-beautiful-libraries-20/
そして、
世界のもっとも美しい大学」ボローニャ大学の図書館とローマの本屋に行こうと思うのであった・・
「パピルスが伝えた文明 ギリシア・ローマの本屋たち 」 箕輪成男 著 2002年 出版ニュース社刊

パピルスが伝えた文明―ギリシア・ローマの本屋たち

パピルスが伝えた文明―ギリシア・ローマの本屋たち

一度読んでいたと思うが、ローマの本屋ということで、久しぶりに目次読書です

ルネサンスの人文学者たちがギリシア・ローマの古典テキストを探し求めることに狂奔した事情というのは、ギリシアでの書籍の材料は、自国で生産できない輸入パピルスだったこと(出版文明史上例のないケース)
そのパピルスの欠点は耐久性のなさ、情報収容力が小さい・・かさばる(紙の50倍)高価
ペトラルカがヴェローナで発掘した、キケロの書簡集[アッティクス宛書簡集]
(その写本は再び散逸して伝わっていない)
オクシリンコス・パピルス→Wikipedia
キケロの書簡から、ローマ街道がわかる?
ローマ街道  アッピア街道Via Appia

目次読書→http://bookshelf.karakusamon.com/

このBLOGについて

「断腸亭日乗」ではないが、断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成(更新終了の今までのメインはてなDiary) 、2013年からつけたし(←そちらが現在のメインのはてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越し、という感じの、我が「親愛なるキティーへ」もどきの日常ブログです。