猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

ホイットマンの詩

今日は 「発達心理学」の過去問をやっつけ(2分の一)
「初期キリスト教美術・ビザンティン美術」もやっつけ
ちょっと帰り道で雨になりましたが図書館まで歩くノルマもOK、
途中の公園で四つ葉のクローバーも7つ発見(押し葉に)


(人に良いと書いて食って?)
帰ってからツタヤの動画配信を見てました
「きっと忘れない」という古い映画ですが,その中にホイットマンの詩が出てきたので見てました

Leaves of Grass/Book III  by Walt Whitman
Song of Myself

I am of old and young, of the foolish as much as the wise,
Regardless of others, ever regardful of others,
Maternal as well as paternal, a child as well as a man,
私は老人であり若者、賢者であり愚者である
他人に関心を持ち 無頓着
父親であり 母親、大人であり 子供である
Stuff'd with the stuff that is coarse and stuff'd with the stuff that is fine,
One of the Nation of many nations, the smallest the same and the largest the same,
粗末な材質と良質の材質でできている
数多い国家の中で最も小さく 最も大きい国
A Southerner soon as a Northerner, a planter nonchalant and hospitable down by the Oconee I live,
A Yankee bound my own way ready for trade, my joints the limberest joints on earth and the sternest joints on earth,
A Kentuckian walking the vale of the Elkhorn in my deer-skin leggings, a Louisianian or Georgian,
A boatman over lakes or bays or along coasts, a Hoosier, Badger, Buckeye;
At home on Kanadian snow-shoes or up in the bush, or with fishermen off Newfoundland,
At home in the fleet of ice-boats, sailing with the rest and tacking,
At home on the hills of Vermont or in the woods of Maine, or the Texan ranch,
Comrade of Californians, comrade of free North-Westerners, (loving their big proportions,)
Comrade of raftsmen and coalmen, comrade of all who shake hands and welcome to drink and meat,
A learner with the simplest, a teacher of the thoughtfullest,
A novice beginning yet experient of myriads of seasons,
Of every hue and caste am I, of every rank and religion,
A farmer, mechanic, artist, gentleman, sailor, quaker,
Prisoner, fancy-man, rowdy, lawyer, physician, priest.

I resist any thing better than my own diversity,
Breathe the air but leave plenty after me,
And am not stuck up, and am in my place.

以上の長々矛盾対置的列挙詩と違って
映画の訳は以下のように続いたが
これは別の詩のようだけど・・ よくわからない
ホイットマンが好きかどうかもわからない

肉体を流れに変えて押し流す
発芽するように 自分を土に寄贈する
私に用があれば 長靴の底で捜せ
私が何者か分かるまい
だがそれはどうでもいい
私は君の血を清める
私が不在でも失望するな
他の場所を探せ
そこで君を待っている

このBLOGについて

「断腸亭日乗」ではないが、断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成(更新終了の今までのメインはてなDiary) 、2013年からつけたし(←そちらが現在のメインのはてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越し、という感じの、我が「親愛なるキティーへ」もどきの日常ブログです。