猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

むずかしいことをやさしく・・・・

井上ひさしさんの娘さん本を読んだ
なんか名言集みたいな仕立てであったが、例の

むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに書くこと。

・・というのには続きがあって、

「まじめなことをだらしなく、だらしないことをまっすぐに、まっすぐなことをひかえめに、ひかえめなことをわくわくと、わくわくすることをさりげなく、さりげないことをはっきりと。」と続いているのだ。
常に裏と表があり、その両方を網羅してものを見ていたのだろか。
父は芸術というはっきりした言葉を使う人ではなかった。
しいて言えば、見えていながら見えていないもの、また見ようとしないと見えないものをはっきり見えるものとする、聞こえるものにすること。 

「夜中の電話 父井上ひさしの最後の言葉」の第三章は「父を訪ねてボローニャへ」であった
サンタ・マリア・デッィラ・ヴィータ教会のピエタに会いに行ったとあり・・
http://4travel.jp/overseas/area/europe/italy/bologna/kankospot/10495086/
「なぜ父がボローニャを愛したか」ということで、3つ挙げられていることは、ご自分の興味の演劇関係の方に偏っていて、
ちょっと違う、と感じたが、
読み進んだ別のところに、ボローニャでピエタを見て「父はキリスト教の教えに色濃く洗脳された作家だと納得できた」とあったので、
そうだろう・・と・・それを抜かしてはダメ・・

父と暮せば (新潮文庫)

父と暮せば (新潮文庫)

決定版 十一ぴきのネコ

決定版 十一ぴきのネコ

おまけ:本日のウォーキング歩数は約1万歩
(駅前花壇の準備作業と図書館へのウォーキング)

このBLOGについて

「断腸亭日乗」ではないが、断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成(更新終了の今までのメインはてなDiary) 、2013年からつけたし(←そちらが現在のメインのはてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越し、という感じの、我が「親愛なるキティーへ」もどきの日常ブログです。