猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

旅行用のお金(ユーロ)

国内でいくらユーロを用意していけばよいかということだが、
宿泊税(市税)は現金で払わないといけないような話で、
ローマの1泊最高7ユーロからヴィテルボの1・20ユーロまでまちまちだが、
だいたいこの市税だけで94.40ユーロ必要という計算になった
硬貨もホテルのポーターさんにすぐに必要になるが、まずは「Grazie!(グラッツェ)」でしょう
ベッドメイキングにはチップ必要ないかもという?サービス料入っていると思うが、用意せよという?

空港の外貨両替所の割引券!を印刷した

こちらの方の話ではhttp://www.merci-paris.net/textcontents/plan-money.html

朝 ホテルを出発するときには、クレジットカードと現金50〜60ユーロくらいあれば、その日 1日は大丈夫という計算

パリの話ですね、ローマでは?
このサイトいいですね!イタリア旅行満喫ガイド
最終チェックのページも有り http://italia.cheris.net/prepare/last/post-37.html
「旅行用のお金はいくら?(エクセルシート付)」http://italia.cheris.net/prepare/money/post-81.html

旅行に持っていくお金は、どれくらいいる?(自由旅行の場合)
どこをまわるのか、どの交通手段を利用するのかを最初に書き出し、
大体の金額を見積る必要があります。

お金が必要となる所として、交通費用、観光費用(チケット代:1箇所約10ユーロ×○箇所)、
食事(1回約○ユーロ×3回(朝・昼・夜))、自分用お土産、水など飲み物、食べ物代金、ベッドチップ

少し多めに持っていく、もしくはクレジットカードを持っていくことをお勧めします。
<主な用途>
・食事・移動中の飲料代、水などの購入代(1.5ユーロ×3)
・休憩時のカフェやジェラートやお菓子など食べ物の購入代(約7〜10ユーロ)
・ベットチップ(1ユーロ)
自由行動の場合にレストランに入る場合、1人25〜30ユーロあれば十分な料理を
楽しめるかと思います。飲み物代を含む場合は、
水1本(ボトル)・ジュース1本は3ユーロ、ビール(1本)・ワイン(グラス)、5〜10ユーロ程加算します。
ピザやマクドナルドなどファーストフードを利用すると1人10ユーロ位です。

ちなみにお土産は全部自分用!(笑)
バスやトラムよりぼられてもタクシーのほうが安全という〜〜

ベランダ掃除

花のサイトを更新 月2日位に?http://hana.karakusamon.com/

このBLOGについて

「断腸亭日乗」ではないが、断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成(更新終了の今までのメインはてなDiary) 、2013年からつけたし(←そちらが現在のメインのはてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越し、という感じの、我が「親愛なるキティーへ」もどきの日常ブログです。