猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

学問

1日1ページ、読むだけ

先日電車の中で広告を見たんだjけれど、ベストセラーだって???いやぁ~~(;'∀') 1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 そんな簡便な話が?? ちなみにこの間の放送大学の試験結果が来ました 合格は合格だけれど・・といった感じ選択式はもちろん…

エイジングについて

今日からネットで某大学・大学院中間試験ができるのだが、 前にも書いたが、 今学期は「発達心理学特論」と「博物館概論」をとっている 両方とも、結構興味が持てて、よかった・・ たとえば、 「これまで生きてきた時間とこれから生きて行く時間の長さが、決…

調べ物

大学の図書館でちょっと調べ物をしてきました 禁帯出の辞典には[感情と思考の科学事典]なるものもありました ふ〜〜ん〜〜 「知と情、二つの領域への関心とマネジメントの必要性」から生まれた事典という 心理学の本(読み物と言うべきか?ちょっと気合を入れ…

次の岩

次の「岩」(岩山)だが、本格的には、自分のテーマでやるとして、 講義は「人間発達科学」で、発達心理学というのを覗いてみることにしたあとは、かぶせモノが取れたので歯医者へ行ったり、 その足で、ひいきの園芸店に行ったりの一日・・ 買ったのは葉鶏頭…

着地

単位認定試験終了〜〜♪ 30〜40年分の人文系の知見のおさらいになって、 「わかった」という感じがした・・メデタシ (着地点が違うけど) りくろうおじさん、551 解放感! カンブリア爆発!奇妙奇天烈動物!

試験まであと3日

はてなのブログに 少々書いていました http://nekoatama.hatenadiary.jp/ デザインがいろいろある・・・違和感ありながらも面白いのだが?? 自分でもスマホ対応、レスポンシブルデザイン直し中カルチュラル・スタディーズ入門 (ちくま新書)作者: 上野俊哉,…

混乱してくる用語のおさらい

ちょっと混乱してくる用語のおさらいなのだが 1−1.ブリックスBRICs‥2000年代を通して、 巨大資本の下請け工場であった→巨大市場を活用して徐々に国力を高めた ブラジル、ロシア、インド、中国 + 南アフリカの5か国をさす BRICs(ブリックス、英: Brazil,…

勉強中

本日から課題提出勉強で メディア論なのですが、択一問題10問やっつけ(楽勝?) 理工学に実験装置があるように、人文社会科学には概念装置があり、この領域の学問を学ぶ人々は、この装置を通して人間や社会の諸現象をとらえることができる(by水越 伸) ・…

ようよう終了

試験終了!! 達成感がある、高揚感がある、というほどやれなかったけれど ま、やっつけました!!!まだまだ続くが あしたガンバろ〜〜〜〜 こころに京都を、・・と鎌田浩毅さんはいうが、 こちらの場合は 心に奈良を??とにかく、こころにやってつけた後…

メディア論の続き

さらに、メディア論の続き・・(まとめに苦戦中) 人は今や同じ場所で接することなく、「直接に」コミュニケートすることができる、ということについてだが・・「メディアの進化は、人や出来事の経験における物理的存在の重要性を低下させてしまった」と、J…

『場所感の喪失』

『場所感の喪失 電子メディアが社会的行動に及ぼす影響』(2003) No Sense of Place・・とは おもしろいですね・・場所感の喪失〈上〉電子メディアが社会的行動に及ぼす影響作者: ジョシュアメイロウィッツ,Joshua Meyrowitz,安川一,上谷香陽,高山啓子出版…

ギリシア、ギリシア

桜井万里子編の『ギリシア史』(2005)を読んでいます まず、ギリシア人(ヘレネス)とは誰かということも問題で、それは「ギリシア語を話す人」とし、 「暗黒時代」(前1200年頃から前750年ごろまで)については、この20年程の間に飛躍的に理解が進んだとし…

 9月の初めの日曜日

午前中、とうとう、トム・クルーズ! 8月7日公開ですから、私としては見るのがメチャ遅く、一か月もたっていましたが、 午後、社会心理学の講義があったので、その前に、朝早く出て見ました♪・・ 夏一の映画は「ジュラシック・ワールド」より絶対こっちだと…

放送大学のテキスト

お盆休み中、放送大学のテキストを買ってみた・・ 『植物から見るヨーロッパの歴史』など 軽く面白そうだけど異文化の交流と共存 (放送大学大学院教材)作者: 工藤庸子出版社/メーカー: 放送大学教育振興会発売日: 2009/03メディア: 単行本この商品を含むブ…

暑さに服す・・・

字がないので、このブログのお絵かき機能で作りました 一カ月遅れのカレンダー? http://flora.karakusamon.com/2015f/kanji_koyomi_201507.html それにしても甲骨・・文字はすごい「絵」かもと「服」の字を見て思う 儀礼のときの器の前でひざまずいている人…

資源の利用と生態保全

希望を捨てていないという http://jp.mongabay.com/news/2015/jp0716-forest-loss-in-borneo.html 天然林のアブラヤシ植林への転換に制限をかけることは絶対的な優先事項 因みにテキストによれば、自然という言葉は不自然な言葉だという 英語でネイチャーと…

マングースで休憩

ふと思い出して 「のだめカンタービレ」のおまけマングースをだしてきました のだめ説によれば、 1 沖縄でハブが大発生した。 2 ハブに困った沖縄の住人がハブと戦うのが得意なマングースを島に放った 3 しかし、マングースはハブではなく、天然記念物の…

論文印刷

昨日のフリクションスタンプの件だが・・ よく見たらストラップをつけられるという工夫があった・・ なので敬意を表し(!?)早速勉強をやめて((笑))つけていました (100キンで買ってあったので) ついでに それ(ストラップ)の本来の使う予定も思い出…

生態人類学

災害人類学?なる学問(生態人類学) 自然災害をめぐる多様な社会的文化的な関係性・・ 面白いですね 『噴火のこだま:ピナトゥボ・アエタの被災と新生をめぐる 文化・開発・NGO』噴火のこだま―ピナトゥボ・アエタの被災と新生をめぐる文化・開発・NGO作者: …

西洋古典

最近読んでいい本だなと思ったのが、『奴隷のしつけ方』。史料に基づいた奴隷についての様々なエピソードが語られるだけでなく、著者による各章ごとの解説でその出典についての説明が丁寧にされていて、史料のおもしろさが伝わってくる1冊でした。 http://t…

生物学

何かいろいろな部位の名称(専門語・術語)を覚えなければならない、と思ってしまうと、 気が重くなって、 もうこの分野の勉強をしたくないと思ったりしたのだが、 なぜそうなのか、ということを自分の言葉で表現しろという、 そういう形の問いを出してもら…

静かな一日

梅雨寒・・ 大学で借りた図書5冊のうち3冊一ヵ月半かけて完読、 一冊は簡単に読める本でもないので、(途中)アマゾンで古書購入 もう一冊も、古書でも1万円するので、また日を置いて借りる予定 それはそうと、 図書館で読む週刊誌は 「アエラ」が面白いかな…

ル=ゴフ

面白い・・・まとめ2ページめ http://bookshelf.karakusamon.com/2015/legoff2.html「韜晦」趣味? まだある6月6日に返さなければならない図書読みですが、これも格闘もの?美学史研究ー中世篇作者: 淺岡潔出版社/メーカー: アテネ社発売日: 2008/10メディア…

The Travels of Sir John Mandeville

昨年からの唐草的:課題『教会の怪物たち━ロマネスクの図像学』を読む、ということであるが、 素養がないので、一旦おいて『中世美術史講義』を読んでいます。 さらに別に人文書ということで、 マンデヴィルの『東方旅行記』を読む、目次読書完了1964年の刊…

「出版学」と言うらしい

写本関係の本を読んでいますが、 この本が面白い一四一七年、その一冊がすべてを変えた作者: スティーヴングリーンブラット,Stephen Greenblatt,河野純治出版社/メーカー: 柏書房発売日: 2012/11/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 22回この商品を含む…

「本」の定義

ユネスコによる「本」の定義は 「51ページ以上の冊子体は本で、それ以下ならパンフレット」だそうだ もっと詳しく言うと (Wikipedia) 1964年のユネスコ総会で採択された国際的基準は、「本とは、表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から…

スクロール

唐草に絡まる人 peopled scroll 関連なのだが 系統樹というか? ダイアグラム?も関係するだろうか・・・ Porphyrian tree: http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Porphyrian_tree?uselang=ja三中 信宏http://www.d-laboweb.jp/event/report/130820.…

ブックリスト

明日から始まりますフェア「新しいリベラルアーツのためのブックリスト」 http://t.co/r44f95WCDb 先程、設置完了しました。店頭ではリーフレットもご用意。皆さまのご来店、お待ちしております。 pic.twitter.com/pl1i8XLyZA— リブロ・Cartographia (@books…

モサラベとキモサベ

「モサラベ」という言葉だが、どうもジョニー・デップの映画の『ローン・レンジャー』の「キモサベ」というのとごっちゃになって困る 「モサラベ」というのはれっきとした美術辞典に載る言葉である ベアトゥスの写本がその美術の代表・・ 次年度はもっと写本…

芸術史

今日は寒かったですね!! これは絵ハガキをスキャンしたのですが Wikipediaにあったやつが顔が怖い・・これは違うデショ!〜〜 ネットを見ていたらいまライデン美術館の方に行っているみたいだ そっちのライオン頭の女性像がなんか、すごいです・・・・http:/…

このBLOGについて

「断腸亭日乗」もどき、あるいは、我が「親愛なるキティーへ」もどきの
断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成して(更新終了の今までのメインブログは、 はてなDiary)2013年からつけたし(←はてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越しました。