猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

芸術

美しいものは

役に立たない?「役に立たないもの」が大好きです。夕焼けとか。本とか、ロマネスクとか。 pic.twitter.com/Cjv3CM3XIL— Momo Kanazawa (@momokanazawa) 2015, 9月 23役に立たない?→はてしない疑問文 それはともかく socalled役にたたない!?古代ギリシア5世…

美の学

かねて予約のロマネスクの本を読み、一応、憑き物が落ち、 いや(笑い)その前に、自力でけりをつけるべきことを思い出したというべきか、 ・・で、 3年ぶりに再開、より道も必要だったと思いつつ、 イッキにけりをつけるべく机に向かってました。 (体調不…

ギリシア、ギリシア

桜井万里子編の『ギリシア史』(2005)を読んでいます まず、ギリシア人(ヘレネス)とは誰かということも問題で、それは「ギリシア語を話す人」とし、 「暗黒時代」(前1200年頃から前750年ごろまで)については、この20年程の間に飛躍的に理解が進んだとし…

「四六判変形」

予約のモモ先生の本が来ました〜 結構読みでがあって ワクワク♪ (いままで一般に読める『イタリア古寺巡礼』シリーズは写真メインだったから) クリアカバーをつけようと思うのだが 新潮選書は「四六判変形」で、ちょっと高さ(?)が5ミリほど余分にある…

中世美術

夏休みに入り また、中世美術の勉強に戻りました 1年かけて読んでいる本があるわけですが、教会の怪物たち ロマネスクの図像学 (講談社選書メチエ)作者: 尾形希和子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/12/11メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含…

ヴォイニッチ写本

「写本」というのでつい借りてしまったのだが・・ヴォイニッチ写本の謎作者: ゲリーケネディ,ロブチャーチル,Gerry Kennedy,Rob Churchill,松田和也出版社/メーカー: 青土社発売日: 2005/12/01メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 148回この商品を含むブロ…

「ふつうに」読書

普通に読書するというのは、ノートにぬきがきしたり、ネットでイメージ検索などしないで、 ひたすら読むということで それって楽ですね 久しぶりに普通に2冊読み、そんなことを思いつつ・・・ 今は逐語で見る読書が多くて・・難行苦行です 8ページ読むのに二…

のど飴缶

アンディ・ウォーホルと言ったらスープ缶(キャンベル・スープ缶)でしたが、これからはのど飴缶(味覚糖)?全部集めたい! のど飴とアンディ・ウォーホルが世界初のコラボ UHA味覚糖から - はてなニュース http://t.co/mx6bAj8I92 pic.twitter.com/CMnnCrx…

人文字とアウラと

給排水管工事のための断水あり(9時から4時。4回目でこれが最後) ・・図書館に避難しました そこで禁帯出の事典を見たりしていましたが、 そのあと久しぶりにマクドナルドへ(コーヒーだけ) そこで撮った写真はこれ この本「和力」すごいんですよ 小口に東西、…

エミール・マール

本日もエミール・マール この調子だと道が遠いけれど・・ パリの国立建築遺産博物館は絶対行きたいな http://www.hayakoo.com/cite-de-larchitecture-et-du-patrimoine/ 勉強しないで行ってもしょうがないと思う・・ 1ユーロは今いくらだっけ?・・136円ね h…

むかし

昔こんなん作りましたね(−−〆) 忘れていましたが ※「アマゾンの本棚のお仕着せページ」 試験終わったんで、また、芸術学系の本再開ですパイドロス (岩波文庫)作者: プラトン,藤沢令夫出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1967/01/16メディア: 文庫購入: 3人 ク…

芸術学兼ワードプレスいじり

http://karakusamon.com/wp/ お仕着せですが・・多少は面白い テーマの更新があるというの何気に更新したら、自分でカスタマイズしたCSSが変更されてしまったりしてますが 本日のフランス映画PARIS-パリ- ロマン・デュリスの「Paris」でした〜 いつもと変わ…

六田知弘さんの写真集

六田知弘さんの写真集でロマネスクの聖堂を見ていたのだけれど、美との対話 (私の空想美術館)作者: 粟津則雄,装幀:菊地信義,六田知弘(カバー・表紙・見返し・扉)出版社/メーカー: 生活の友社発売日: 2014/06/27メディア: 単行本この商品を含むブログを見るこ…

今日の気分もこっち

かわいい琳派作者: 三戸信惠出版社/メーカー: 東京美術発売日: 2014/04/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見るかわいい琳派それはそうと "Ottawa Public Library" by Mike Gifford - http://www.flickr.com/photos/mgifford/4689297355/. Lic…

『リアリズム絵画入門』

野田弘志さんである・・芸術新聞社 (2010)刊 9月にドキュメンタリーを見に行って、その苦行僧のような日常にびっくりしたが・この本にも 創作に生きるとは「死すべき人間の本質」を見渡すことができるような高みに自分をもたらす努力をすることだ、とある。 こ…

ロマネスク

池田 健二 (著) 『イタリア・ロマネスクへの旅 』 カエサナケレバナラナイノデやっつけてました 2009年4月刊 カラー版(中公新書) ですが、そのあとがきがよかった須賀敦子(1929- 1998)著『ミラノ 霧の風景』(1993年)がイタリアへ行くのを後押ししてくれ…

巡礼

馬杉著『ロマネスクの美術』を読みながら検索すると、 古寺巡りにいそしむロマネスク美術愛好家たちのエネルギーに驚きます・・ しかし同時に、私自身は奥深いフランスの片田舎を、古寺を求めて長時間さまようようなことは、時間的にも経済的にも、ほぼある…

馬杉宗夫『ロマネスクの美術』〔2001〕 非常にコンパクトに唐草文様の歴史がまとめられていた。 読むと頭が良くなったような気がするところが、 誰であれ、なんであれ、学問の凄いところ! 「紀行文風の個別の聖堂紹介」・・それもそれですが、こういう 「多…

建築芸術、映画芸術

ヤヌス(Janus)像を見ているのですが、あの、トゥスカーニアのサン・ピエトロ聖堂の 正面にヤヌス(Janus)・・ それが・・この聖堂は「ロミオとジュリエット(1968)」のロケ地でしたよ (中で結婚式) 他の映画も撮影されたようだ・・ イタリアで行きたい場所…

モモ先生(金沢百枝)柔らかい口調でいいですね〜〜イタリア古寺巡礼―フィレンツェ→アッシジ (とんぼの本)作者: 金沢百枝,小澤実出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/09/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 3回この商品を含むブログを見る【キリスト教…

ロマネスクの図像学

尾形希和子さんの『教会の怪物たち(ロマネスクの図像学)』であるが、 情報過多のため、ページ作り2ページ以上になりそうですが http://www.karakusamon.com/2014k/romanesque_ogata.html 読み始めてから一旦おいて、そもそもの「怪物たち」(私の言葉で聖…

聖なるもの

見に行ってきました、ドキュメンタリー 「魂のリアリズム」「絵を描くことは過酷だ」 死を思え、メメント・モリ・・っと 1年かけて描く・・絵の描き方にびっくりした 描いている絵の前にはポールを立て、筆を握った右手の小指のあたりをのせてかく、 あるいは左…

円柱フェチモードのまとめ

手首をねん挫して、1カ月・・ボランティアは休養モードです その分、円柱フェチモードで、身近でのベランダ園芸少々復活 勉強はこれ http://www.karakusamon.com/2014k/architect.html [rakuten:auc-i-excel:10000072:detail] 【プランター】【植木鉢】ガス…

円柱フェチ

建築も芸術に含むという概念は 日本ではあまりなかったようだ http://www.karakusamon.com/2014k/architecture.html料理と園芸も含む!(笑)もしそうだとしたら、芸術の分類はどうなるのだろう (これからお勉強です http://www.karakusamon.com/2014k/geij…

『西洋美学のエッセンス・・西洋美学理論の歴史と展開』のおさらい済ませて、 『教会の怪物たち ロマネスクの図像学』にワクワクですが、 それに関係あるので今日から又借りているのが 『異形のロマネスク 石に刻まれた中世の奇想』 ついでに 『ヴァールブル…

饗庭孝男さんの本・・中古で1円でした(~_~;) こちら、興味はフランスの建築で、中世の修道院の柱頭装飾なのだけれど・・ 歩くことと隠れること・・巡礼と隠棲・・だそうだけれど よく歩いていますね〜〜さすが中世の光―ロマネスクの建築と精神 (1984年)作者:…

Wikipediaを見ていたら、カントが晩年、認知症であったというのは驚きであった(~_~;) 次にカント美学をやるべきか少々悩んでいる なぜならドイツ哲学のことばこそ、やめてよね物件でしょう?「劣悪生硬」にして 「偉そう」カントに非はない? http://www.iep…

円柱フェチ

円柱フェチ、ようやくロマネスクからゴシックへ// http://www.karakusamon.com/2014k/francais.html

美学ですが・・「ラオコーン」の話になったので、 ひさしぶりにこちらへ http://www.karakusamon.com/greece_hebi.html それはともかく、・・・ ギリシア語、基本単語も読めなかったので、 「勝手知ったるカタカナ語」にして欲しい、「テオリア」とか「アル…

Bunkamuraでやっている

「ミラノ ポルディペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション展」って関西には来るのでしょうかね??? http://www.bunkamura.co.jp/・・と思いましたら、 2014年5月31日(土)−7月21日(月・祝) あべのハルカス美術館(大阪)とのこと♪ヨーロッパの装…