猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

言葉

「憂い来たるとも」

11月に入りました・・例の三略中です・・ カシオのエクスワードですが、非常に電池が早く終わるなぁ…‥と思ったら、USBでパソコンに接続しておくようにとあった…‥ ついでに、パナソニックの充電池充電器(単3電池)も購入した・・・ (今頃買う、のんきな私・・…

中島敦の詩など

中島敦「弟子」をダウンロードして読んだ 子路の話だった・・・ 最後泣けましたね 孔子が「天、我を滅ぼせリ」と泣いたのは、別の弟子のことである・・ 孔子はその時、作法違いの泣き方をした(哭した)と注意されるほど泣いたというが、 子路のときは、 佇…

脳内トレー-ニング?

今日の車中移動だが スマホで漢検1級の4字熟語のテストをやっていた (googleアプリで500円である)新しい漢字学習法 漢字音符字典作者: 山本康喬出版社/メーカー: 東京堂出版発売日: 2012/10/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ…

「頗る付き」

書斎(専用部屋)があるのに リビングの食卓でノートを広げているというのもいかがなものか‥・^^;ということだが、 反省して? ひさしぶりに机の上と下の片づけをやりました・・ 正面の机の他に、右手の書棚付きデスク、後ろにも机おいてあるから、 断然広い…

「ノートづくり」(疑似勉強)

寒くなってきました・・ 長袖2枚ですね〜〜〜〜 粛の字同様、 蠅の字も、どなたも、書き順をちゃんとするといいね! ・・みたいなことをいいつつ・・ http://kakijun.jp/page/hae200.html google日本語入力では もぐらが、漢字では「土竜」しかでません 鼠偏…

漢字のノート

16年ぶりに漢字検定1級を受けようかな〜・・と ノートを引っ張り出してます(4ヶ月後の予定) 6,000字もあっちゃ、復習のしがいがあります・・・どうかな〜〜〜?言葉は面白いです・・たとえば、 喧喧囂囂(けんけんごうごう) 口やかましく騒ぎたてるさま、た…

散文的日常の中で、詩を読む

「苦しみの日々 哀しみの日々」 茨木 のり子苦しみの日々 哀しみの日々 それはひとを少しは深くするだろう わずか五ミリぐらいではあろうけれどさなかには心臓も凍結 息をするのさえ難しいほどだが なんとか通り抜けたとき 初めて気付く あれはみずからを養…

秋というパーツ

秋 (あき とき)愁い愀える 君不見 青海頭 古来白骨無人収 新鬼煩冤旧鬼哭 天陰雨湿声啾啾 『兵車行』 天宝11年(752年)杜甫41歳 http://kanshi.roudokus.com/Heisyakou.html汗牛充棟という言葉を見ていて これは柳宗元(773 —— 819)が墓標に書いた言葉だ…

混乱してくる用語のおさらい

ちょっと混乱してくる用語のおさらいなのだが 1−1.ブリックスBRICs‥2000年代を通して、 巨大資本の下請け工場であった→巨大市場を活用して徐々に国力を高めた ブラジル、ロシア、インド、中国 + 南アフリカの5か国をさす BRICs(ブリックス、英: Brazil,…

夏の花

もう夏なんですね〜 エキナセア ’ミルクシェイク’ シャスターデージー ‘オールドコート’ ブッドレア ‘ピンクパール’ 蓮とハンゲショウこの花花が季節を語る・・・雨が上がった時 「君見ずや双眼の色 語らざれば憂ひ無きに似たり」 http://www.geocities.jp/t…

朝顔

朝顔が咲き始めました 朝顔のことを「牽牛子 牽牛花」とも書く 昔、高価な薬草とされ、牛一頭をひいて交換したというところから、と漢語例解事典にいわく・・ それはともかく、 牽引 牽強附会の牽の字だが 字体が改正され、11画だという・・ 糸の頭を分断し…

「花舞う」

花舞って、「鴬語花舞(おうごかぶ)」の下半分ですが 「鴬語」がなかったら、静かな花の情景だけ・・別に春でなくてもよいなぁ でも咲き誇っている状況ではなくて、花花の散り落ち始める光景・・対語としては 「騒然」ということにしたいなにか、人生!?に…

「色彩」がない気分

図書館で予約していた本がようやく借りられた その名も、書名: 『第2図書係補佐』であるけれど 又吉直樹さんて、結構正統派でなはいですか!・・ だけど「第2」であり さらに「補佐」であるとは!! 僕の役割は本の解説や批評ではありません。(略) 自分の…

「言語隠蔽効果」

少々体長不良だが、予定通りの一日を「こなした」 「言語隠蔽効果」という用語だけれど、これを諺にすると、 「嘘から出た真」じゃないかしらん?などなど・・ いらぬ話ですが自転車散歩ではそう、歩数は稼げませんでしたね お昼寝〜〜〜 またまた、実年齢+…

「知恵は獅子に乗り、海のあなたからやってくる」

いやぁ、獅子に乗り、象に乗り、かっこいい〜〜!? 騎獅文殊の話だが・・ 「知恵移入の理想的人物像」だというのだ http://www.karakusamon.com/2016k/bukkyo_ten.html東寺の象に乗る帝釈天はサイズどのくらいなんでしょ?? http://www.touji-ennichi.com/…

おまけの日

2月29日というのは・・「さぼる日」と糸井さん 今年もサボるというのをやっていたらしい それと、 なんか「わたしの仕事は元気でいることです 」というのもあるらしい〜久しぶりにキャットタワーに昇ってみたなう #わたしの仕事は元気でいることです https://t…

「消えた動物愛」

確かにそれはショックです〜〜ベッキーだの清原だの狩野英孝だのよりムツゴロウさんのこれが一番衝撃だわ pic.twitter.com/KmoGMdROGj— まっし (@masshi0239) 2016, 2月 4ギリシアから東方へ・・ また、スキタイの動物意匠をみる気になったのに〜衰えね・・…

ヤマザキマリさんの「とらわれない生き方 悩める日本女性のための人生指南書」を読んだ 初のエッセー「望遠ニッポン見聞録」(幻冬舎)についで連続で2冊目 http://book.asahi.com/booknews/update/2012042500001.html漫画はかなり買っているけれどエッセー…

一年の刑、いや計です〜

1年といわず 恐る恐る 5年の計で??手帳に記入〜

現実と現象

『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』という過激なタイトルの新書が来た 一般に、パンドラの箱に封印して生きる問い 答えは仏教の中にあるという 仏教と現象学の考え、仏教心理学・・ ぼくらはだれも現実に触れて生きているわけではない ぼくらは一人一人、現実…

花火でなくて火花

昨日「文芸春秋 9月号特装版」が届いたので 早速読みました 花火イベントから10年後の同じ花火まで、非常に惹きこませ、読ませられた ただ・・最後がシュールだった、そして、そのあたりは漱石の文体を思わせられたまだ生きている人間、「バッドエンドじゃな…

postmortem

post- mortem・・死後というか 事後検討follow-up,postmortemP is for post mortem (Amiens BM 7). pic.twitter.com/mnRPUWuUeP— Erik Kwakkel (@erik_kwakkel) 2015, 12月 11

勇気の花がひらくとき

河野通和さんの「考える人」のメルマで紹介されていた 梯久美子『勇気の花がひらくとき――やなせたかしとアンパンマンの物語』勇気の花がひらくとき―やなせたかしとアンパンマンの物語 (フレーベル館 ジュニア・ノンフィクション)作者: 梯久美子出版社/メーカ…

猫の目

猫が死んだ時より涙が出ないのだが、 時に 反応してしまう言葉がある ○○光年 ○○星雲 1億年の眠り ・・などですね 非常に静かに猫の目星雲の話などしていたので

ご愁傷様

いやぁおちょくってるの〜みたいな感じがないわけでもない しかし。ぐだぐだ言うよりいいらしい http://careerpark.jp/6371本日のヒトシゴト・・・ クリスマスの飾りつけシゴト(もう2日ほどかかりそう)

世間ではすでに

2015年の「新語・流行語大賞」の候補も発表されていたようだ http://singo.jiyu.co.jp/ 「粛々と」がノミネートだそうだが? あまり知らない言葉がけっこう多かったかも(-_-;) まいにち、修造・・がいいかも?? 確か池内紀先生もか2つかけているとかいない…

アレクサンドリアというのはエジプトのアレクサンドリアだけでなく、実は70か所あったとかいう (by NHK「文明の道」)今日は借りていたDVDを見る気になり見ました文明の道 第1集 アレクサンドロス大王・ペルシャ帝国への挑戦 [DVD]作者: 教養出版社/メーカー…

いまだ亡くなっていない人になる

穏やかな最後であったことに感謝である 昨年12月、癌の再々発より、11ケ月 それなりにできうる全てを準備し、立派に死んだのである なので、今後σ(^^ゞは「いまだ亡くなっていない人=未亡人」呼ばわりされるわけだが、 そういった原義はともかく、今しばらく…

タジボウヨウということばはない?

その意味は、(σ(^^ゞ的な意味で)やることが多すぎくて重要なことやり損ねている気分・・・なんだけれど そんなことばはなかった!? 多岐亡羊:学問の道が多方面になりすぎて,容易に真理を得がたいこと。また,道がたくさんあってどれを選んだらよいのか思…

「涙ぐみながら笑ってみせた」

さっきアマゾン書店でホメロスを見ていたら、 星1ケで「つまらなかった」というので そんな評価でいいのか〜〜?!?!(>_ 「涙ぐみながら笑ってみせた」(『イリアス』6−484)「我慢しろ、心よ。もっとひどいことを我慢したではないか。」(『イリアス』20−…