猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

ズボンの勝利

古代ギリシア・ローマ人の生活・・ということで、西洋服飾史を見ていた
http://flora.karakusamon.com/IMG2/index4.html

ヨーロッパ服装の原型は後進のゲルマン民族の服装にあり、古代文明を開花させたギリシアやローマにはないのである。by徳井淑子さん

・・ということだが、
同じものが別の視点からまとめられる
る?

ズボンの勝利は寒冷地仕様でかつ活動的であるということだけでない?
青木英夫さんの『下着の文化史』
ズボンの形態について、宗教的、道徳的な というのは徳井淑子さんの「ヨーロッパ服飾史」にはみなかった視点。
(徳井さんのは、保温や乗馬での機能的な視点だった)
それはともかく、

抜書きしたところを思い出しました

「涙ぐみながら笑ってみせた」(『イリアス』6−484)

「我慢しろ、心よ。もっとひどいことを我慢したではないか。」(『イリアス』20−18)

このBLOGについて

「断腸亭日乗」もどき、あるいは、我が「親愛なるキティーへ」もどきの
断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成して(更新終了の今までのメインブログは、 はてなDiary)2013年からつけたし(←はてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越しました。