猫頭の文房ブログ

人間を獣頭人身で「分類」すると、私めは猫頭。その書斎もとい文房(自室)日常ブログ

ちょっと旅の写真整理開始

 

f:id:nekoatama:20180711210413j:plain開館前から待っておられたお二方(20180625 @ギメ東洋美術館)

 

f:id:nekoatama:20180711183953j:plain

うらやましい((笑))

ギメには、MYテーマの蛇の首飾り物件もあったが

f:id:nekoatama:20180711183957j:plain

f:id:nekoatama:20180711184427j:plain

スターはこっちかなぁ~(ガンダーラ仏!)

f:id:nekoatama:20180711184402j:plain

赤ちゃん抱っこして 見て回っていたこの方も印象に残っている

f:id:nekoatama:20180711183954j:plain

f:id:nekoatama:20180711184401j:plain

中央を占める怪獣

 

 

下は別の日にシャンティイ城にてお会いした美しきシモーヌ嬢の蛇の首飾りf:id:nekoatama:20180624183315j:plain

そして絵の前のこの母娘さんも記憶に残っている(行きに同じ電車だった)

f:id:nekoatama:20180711211728j:plain

このシャンティイ城の庭園の方には

17世紀のル・ノートルのデザインしたフランス式庭園の部分と

19世紀のイングリッシュガーデン部分と

18世紀のアングロチャイニーズガーデンとあったようだが、

広すぎて・・

f:id:nekoatama:20180711212653j:plainこういうのに乗ってみる気もなかったので、ル・ノートルだけで割愛!

 

しかし帰り道で、城外のこのあたりでちょっと寝転んで

「不来方(こずかた)の お城の草に寝ころびて 空に吸はれし十五の心」
石川啄木)みたいな句を思い浮かべていました

十五じゃないけど((笑))

f:id:nekoatama:20180711212759j:plain向こうに見える木の仕立て方た気になるのだが・・

f:id:nekoatama:20180711213302j:plain

 

 

このBLOGについて

「断腸亭日乗」もどき、あるいは、我が「親愛なるキティーへ」もどきの
断腸→猫頭、亭→文房、日乗→日常

2007年から作成して(更新終了の今までのメインブログは、 はてなDiary)2013年からつけたし(←はてなBlog「興味シンシン」)、そして 2017年からこちらに一部引っ越しました。